節税できる役員報酬の決め方

フリーランスの方は、自分の報酬をいくらにすればよいでしょうか?

報酬を高くすれば、法人税は安くなりますが、個人所得税と社会保険料は高くなります。

そこで、以下の2つのポイントを視野に入れて、コストが一番安くなる役員報酬を説明します。


①社会保険

厚生年金支払額と将来受け取る年金の費用対効果の観点で、役員報酬の適正価額を探ります。


 

②税金へのインパクト

所得税率と法人税率の比較という観点で、役員報酬の適正価額を探ります。


 

経営者の悩みを相談できるアドバイザーとして経験と実績のある公認会計士が、
上記のような経営問題の解決事例を、ブログに纏めています。
経営者の視点、節税の観点でお役にたてる知識の宝庫となっています。
https://www.creabiz.co.jp/にて今なら無料でご覧いただけます。